夏も終わりでも油断したらだめ。日焼けについて

この季節、夏が終わり日焼けもしないだろうと日焼け止めクリームを塗らない人も多いかと思います。
夜でも紫外線は放出されている訳で、それでメラニン色素が反応すると黒くなります。
日焼けはした後のケアが大事です。
まずは冷やす事です。
体が赤くなり、熱くなると痒くなります。
そこで冷やして痒みを少しでも抑える事が大事です。
基本的には化粧水や乳液でのケアですが、少しひどい様なら軟膏を塗りましょう。
もしそれでも我慢できない、痒みがずっと続く様でしたら病院へ行くのが一番かと思います。
その時、その時によって対応を変えましょう。

一番大事なのは勿論日焼けしない事です。
今日は日が出てないから大丈夫と思うのではなく、日が出てないからこそ日焼け止めクリームを塗る事をお勧めします。
そして日焼け止めは絶対に塗りなおす事が大事です。
汗などで流れるので、間隔的には2〜3時間置きがいいかと思います。

綺麗にケアしていないと斑に川が向けて化粧をしにくくなったりするので気を付けましょう。